2016年9月11日

サービス付高齢者向け住宅について

 

サービス付き高齢者向け住宅とは

高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸住宅です。

 

近年の急激な少子高齢化の進む日本において、高齢者の安定居住を確保するために

「高齢者の居住の安定確保に関する法律」により創設された、

介護・医療と連携し、高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の住宅です。

住宅としての居室の広さや設備、バリアフリーといった構造面の条件を備えるとともに、

ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスを提供することなどにより、

高齢者が安心して暮らせることを目的とした住宅です。

 

・住宅とサービスに法律により一定の基準が設けられ、品質が保証されています。

・契約基準が定められ、入居者の権利が保障されるので安心です。

 

そんぽの家Sのコンセプト

”そんぽの家S”は障害を持った高齢者に対して、良質な住まいを提供し、

生活を支えたいというコンセプトから生まれました。

地域の中で高齢者が安心して自由に暮らせる住まいをお届けしたい。

それが、私たちの願いです。

そんぽの家Sの特徴

  • 入居一時金(敷金、保証金、事務手数料など)不要です。
  • 自立の方から要介護5の方まで入居可能
  • 介護スタッフが24時間常駐し、生活をサポート
  • 介護が必要な方にはケアマネージャーが独自のケアプランを提供します。
  • 高齢者への配慮を追求した”バリアフリー設計”住宅です。
  • ”医療サービス”も好みで選べます。
  • 賃貸借契約なので入居者様の権利が守られ事務所の都合でお部屋の移動等がありません。

 

 

Slider